産業廃棄物管理についてのセミナー
セミナーSEMINAR
  • 開催終了
  • 無料
  • 名古屋

ISO14001:2015年改訂はここを押さえる!何をすべきかが分かる新規格への移行対応セミナー(講師:コバヤシケイエイ 小林 久貴氏)

2015.09.18 / ISO14001:2015年改訂はここを押さえる!何をすべきかが分かる新規格への移行対応セミナー(講師:コバヤシケイエイ 小林 久貴氏)
開催日 2015.09.18

コバヤシケイエイ/MIZUNO 共催セミナー in 名古屋

ISO14001は何がどう変わるの?移行するには何から手をつけるべき?

こんな疑問はございませんか?

ISO14001の改訂はFDISの投票が開始され、9月にはIS(国際規格)が発行される予定です。

本セミナーでは、実際に移行を進められる環境管理責任者様や、ISO事務局のご担当者様が、何をすべきかに焦点をあてたセミナーとなっています。

また、多くの企業で見られるISOが機能しない根本原因についてもご紹介します。

こんな方にお勧め

  • 大規模で一方通行のセミナーに物足りなさを感じる担当者
  • 規格の説明重視の講義に退屈さを感じる担当者
  • 環境管理責任者、ISO事務局担当者
  • 内部環境監査員、内部環境監査員候補者
  • その他、ISO14001の2015年改訂に関心のある方

講師紹介

株式会社小林経営研究所 代表取締役 小林 久貴 氏

小林久貴

一般社団法人産業環境管理協会 環境マネジメントシステム審査員評価登録センター(CEAR)研修 コース承認審査員(CEARが承認する研修機関を審査する審査員)。

他、環境/品質マネジメントシステム主任審査員、一般財団法人 日本規格協会嘱託審査員、品質管理検定過去問題解説委員等を務める。

ISOを単なる規格としてではなく、会社を良くするための仕組み作りであり、ガバナンスの土台と考え、『現場主義のISO』をモットーとしている。

こちらのセミナーの開催は終了しました。

プログラム

当日のプログラムは下記の通りです。

【講義内容】

  • ここが違う!2015改訂のポイント解説
  • 2015年版が求める効果的な環境マネジメントシステムとなるために
  • リスクと機会の考え方
  • 気になる環境マニュアルの対応は?
  • 新規格への今後の流れと対応スケジュール

2015年改訂の各項番において何が必要なのかの説明と、それをまとめた資料をご用意しております。

【演習】

  • 組織の外部及び内部課題への対応演習
  • 利害関係者のニーズ及び期待の理解演習
  • リスクと機会抽出演習

新しい概念については、具体的な様式を交えて演習を行い詳しく解説いたします。

『ISOが機能しない根本はココにあった!』MIZUNO×コバヤシケイエイのセミナー
・実務とかけ離れた “使えないマニュアル”はなぜ出来上がるのか?
・それは本当に『経営改善』・『経営視点』になっていますか?
リスクマネジメントや組織ガバナンスとしてのISO活用方法、
新規格への対応に合わせて、
これらもご紹介します。

*セミナー内容は一部変更する場合がございます。

開催概要

対象
・環境管理責任者、ISO事務局ご担当者

・認証取得準備をされている企業の管理責任者、ご担当者

・内部環境監査員、内部環境監査員候補の方

・ISO14001の知識をお持ちで改訂内容をお知りになりたい方 等
開催日程
【名古屋会場】

2015年9月18日(金) 10:00 – 16:30 (受付:9:45~)

名古屋ルーセントタワー 16階 会議室

愛知県名古屋市西区牛島町6−1(地図)
参加費
24,840円(税込)(本体価格:23,000円)
定員
20名
備考
当日は、自社の環境マネージメントマニュアルを会場までご持参ください。

こちらのセミナーの開催は終了しました。