産業廃棄物管理コンサルティングスタッフ紹介

環境コンサルティング事業部
ERMグループ
小笹 春菜Haruna Kozasa

プロフィール

中京大学大学院 法学研究科 法律学専攻 修士課程を卒業。
在学中は日本政治史を専攻し、主にアーカイブズ学・記憶研究を行う。
修士論文のテーマは「四日市公害の記録化と記憶の継承」。
実地調査や聞き取りを行い、新たな理論や法則を打ち立てることに楽しさを覚える。
また、愛知県の法務文書課県史編さん室の調査協力員として、「愛知県史」の執筆・編集に携わる経験を持つ。
元々、環境に関する仕事に興味があり、顧客や市場のニーズを分析し、貪欲にビジネスチャンスを狙っていくイーバリューの姿勢と、挑戦できそうな社風に魅力を感じ入社を決意する。

入社後は、委託契約書を中心とした廃棄物管理にまつわる法務業務の実務経験を積む。
現在は、全国の排出事業者・処理業者の”現場”へ足を運ぶことで、実務に則した柔軟性と専門性のある対応を目指し、イーバリュー唯一の女性コンサルタントとして活躍。
また、排出事業者への情報発信である自社サイトにおけるコラムの執筆も担当。持ち前の地道な調査力と論理的な思考力に加え、”現場”・”実務”が分かるコンサルタント視点で、廃棄物処理法やその他環境関連法を解読し分かりやすく情報発信することに努める。
最近ではISOマネジメント構築のサポートも行っており、日々お客様の抱えている課題と向き合っている。

プライベート

休日は気の向くままに旅行に出かけ、その土地の歴史に思いを馳せながら、築かれた伝統や食文化を堪能することも楽しみの一つです。
(右の写真は彦根城天守へ行ったときのものです)

2018年1月からランニングを始め、5月にハーフマラソンを完走しました!
今はフルマラソン完走に向けてコツコツとトレーニング中です。
また音楽のライブ観戦も好きで、音楽を通じて全国のファンと交流することが日々の活力となっています。

愛読書は江戸川乱歩と星新一。

マイ クレド

小笹春菜は、
業務で得た知識に対し、
更に一歩踏み込んで追求し、
それを様々な業務で発揮し、
社内・社外共に期待を上回るコンサルタントです。