産業廃棄物管理コンサルティングスタッフ紹介

環境コンサルティング事業部
環境情報ソリューショングループ
主任
藤田 佳世Kayo Fujita

プロフィール

13年3月 福井県立大学 生物資源学部を卒業。在学中は応用生化学研究室に所属し、微生物を用いたタンパク質の生成と酸化抑制について研究。
データを比較分析し、問題点を発見・改善していくことにやりがいを感じる。
就職活動では社会の変化や物事を分析・考察し、改善していくイーバリュー株式会社に共感し入社する。

入社後は、委託契約作成、マニフェスト管理等の廃棄物管理の実務経験を積む。
現在はこれらの経験を活かし、廃棄物管理の専用相談窓口『環境ナレッジ・デスク』や、廃棄物一元管理システム『GENESYS-ECO』、『監査サービス』を通じて、お客様のリスクマネジメントをサポート。
法律と実務の二つの観点から、委託契約書やマニフェスト等、クライアントの廃棄物管理状況のチェックや是正を行う。
『物事を最適化し、安心できる状態をつくる』をモットーに、日々業務に取り組んでいる。

プライベート

料理を作るのも食べるのも大好き。キャベツをまるごと1玉使った『まるごとロールキャベツ』やスウェーデンの伝統的な家庭料理の『ヤンソンの誘惑』が得意です。巨大料理やネーミングが面白い料理に心が惹かれ、つい挑戦したくなります。

日曜の朝はコーヒーを入れて、美味しい朝食を作り家族とのんびり過ごすのが楽しみです。コーヒーは挽きたての豆をペーパードリップして入れるのがこだわりです。
(右の写真は愛用品たちです)

その後、愛犬2匹(日本テリアの親子)を連れて家の近くの河川敷を散歩して心身ともにリフレッシュします!

マイ クレド

私の理想像は、自分を含めた周りの皆が”Happy”に仕事ができる
促進剤のような人です。
”Happyに仕事ができる”というのはそれぞれの能力を100%出える状態です。
そのために、物事の改善点を見つけて”最適化”し続けことを大事にします。