産業廃棄物管理コンサルティングスタッフ紹介

環境コンサルティング事業部
マーケティンググループ
マネージャー
渡山 夏代Kayo Toyama

プロフィール

イーバリュー株式会社 マーケティンググループ。
’15年3月に中京大学を卒業。在学中は文学部言語表現学科に所属し、文章表現、会話表現から古典文学まで幅広く学ぶ。
教職課程を履修し、人の成長を助けることにやりがいを感じる。
また、所属していた近現代文学ゼミナールで、当時の人々の生活や思想に寄り添うことで、時代が常に変化し続けていることを実感。
就職活動では、時代の変化に適応し続けるイーバリューの取り組み姿勢に魅力を感じ、入社する。

現在では、コンサルティングのサポートの一環であるクライアントへのインタビューを担当。
サービスの運用状況やさらなる改善点など、クライアントの”生の声”からより最適なサービスの提供に努め、時代の変化やリスクから企業を守り、次の時代へ繋いでいくお手伝いができることにやりがいを感じている。
さらに、こういったイーバリューの活動を、雑誌への寄稿や動画など、様々なメディアを通して発信させていく広報も担っている。
最近では企業理念の浸透プレジェクトのメンバーにも選ばれ、コーポレートムービーやクレドブック(経営理念書)といった映像や印刷物の制作にも携わり、今後はそのノウハウを活かしたサポートにも力をいれていく。

また、新卒採用の責任者でもあり、「達成感と成長のサイクルで没頭せずにはいられない」という採用テーマのもと採用活動に勤しむ。
自分自身が「イーバリューに入って人生が変わった」と感じており、同じ経験ができる学生を探している。

プライベート

2017年の6月からジョギングを始め、2017年12月の三重県のお伊勢さんマラソンではハーフマラソンを完走しました!
2018年5月富山県黒部名水マラソンにて、フルマラソンにチャレンジするも36.5km地点で残念ながら、時間切れになってしまいました。
再チャレンジに燃えています。

他には、下町でノスタルジックな写真を撮ることにはまっています。地元名古屋の再開発が進む中、昔ながらの風景を残したいという気持ちで取り始めました。(右の写真は名古屋市中村区大門のお祭りです)
また、高校時代からお笑いが大好きで東京までライブを見に行くこともしばしば。観客を惹きつける表現や仕事への熱量からから学ぶことも多くあります。

美術にも興味があり、特にモネをはじめとする印象派と日本の戯画や浮世絵が好きです。名古屋や旅先で美術館を訪れて、心惹かれる1枚を探しています。

マイ クレド

イーバリューに入社してよかった!人生が変わった!と言われるような人事をする。イーバリューが業界にあってよかった!と言われるようなサービス開発と提供をする。自分の家族にイーバリュー社員がいるのが誇らしいと言われる広報、日本にイーバリューがあってよかったと言われる広報をする。

アクション:常に素直な人である、常に善意の人である、問答無用の自業自得の人である、何よりも長期的な目的の達成を優先する人である、未来の成果のために今の1歩を進める人である、清濁併せのむ人である、永遠のチャレンジャーである、どんな状況でも希望をもつ人である、罪を憎んで人を憎まずの人である