イーバリュー株式会社からのお知らせ

お知らせINFORMATION

1,000社をこえる取引実績をもとに執筆!製造業環境部門の課題を解決する書籍を出版


>>>購入はこちらから<<<

製造業の方の「本を読んでも実務に当てはまらない!」を解消する本

2018年10月1日に産業環境管理協会より『コンサルが教える 廃棄物管理の実務とルール』を出版致しました。

企業の環境部門や廃棄物管理部門での「法律にはこのように書いてあるが、実務ではどうしていいか分からない」という課題解消のために執筆しました。
従来の書籍との大きな違いは“現場感”です。実際の業務を知らない方が書いた内容はどうしても一般論に偏ったり、法律は守られていても現実離れした方法だったりすることが多く、なかなか実際の廃棄物管理担当者の悩みに答える書籍がありませんでした。

本書は、取引企業から実際に寄せられたお悩みに対して、現場経験や行政への問合せ、法知識をもとに回答するQ&A形式です。

Q14 廃棄物処理法には専ら物のような特例制度はほかにもあるの?
Q23 処理業者の実地確認においてもっとも重要なチェックポイントは何?
Q28 委託契約書やマニフェストは処理業者が作成してもいいの?

製造業の方の「本を読んでも実務に当てはまらない!」を解消する本など、1000社をこえる取引実績から廃棄物管理担当者が本当に知りたい質問に実務にそって答えています。

読者の感想

最新の法改正された内容が盛り込まれていて、社内の担当者リフレッシュ教育に活用させていただきます。
(●パナソニック株式会社 四日市事業所 主務 若林 容次 様)
知りたいところ(勘どころ)を解説していただいていると思いました。Q&Aの内容は、弊社にも同じような案件があり参考になります。電子マニフェストの運用については特にです。また、法律と現状が解りやすく解説されていると思いました。産廃担当としてもっと早く、この書籍を手にしていれば理解も早くできたかなと思う次第です。
(●日鉄ケミカル&マテリアル株式会社 九州製造所 環境安全室 野口 一斉 様)
適正な産廃処理には、難解な法律用語、判例等の理解が不可欠です。本書はこれらを分かりやすく解説しており、担当者のバイブルとして推奨します。
(●大同特殊鋼株式会社 CRM部 主席部員 兼 リスクマネジメント室長 前野 篤史 様)
法律についてだけでなく実際に起きた事例などを踏まえて解説されていて、とても分かりやすかったです。
(●龍谷大学 理工学部 環境ソリューション工学科 助教 水原 詞治 様)

『コンサルが教える 廃棄物管理の実務とルール』の出版を記念したセミナーを全国で開催


出版を記念して当社による特別セミナーを開催します。書籍では語りつくせなかった実例や具体例をもとに解説。また、疑問を解消していただけるようにその場でご質問にもお答えします。

「廃掃法が難解で周囲から理解が得られない…」
「調べても出てくるのは一般論。実務では結局どうなるの?」
「廃棄物へはコストをかけづらい雰囲気がある」
そんな廃棄物管理担当者共通の悩みを解決し、経営層から現場スタッフまで巻き込むためのセミナーです。

また、著書『コンサルが教える 廃棄物管理のルールと実務』に加えて、自社に合わせて編集が可能な”教育ツール”もお持ち帰りいただけます。関係者を巻き込むためのプロのノウハウが満載です。

●詳細・お申込みはこちらからご確認ください。

書籍概要

書籍名  : コンサルが教える 廃棄物管理のルールと実務
著者   : イーバリュー株式会社 環境コンサルティング事業部
出版社  : 一般社団法人産業環境管理協会
価格   : ¥2,400(税別)
発売日  : 2018年10月発行
      購入はこちら
[目次]

第1章 廃棄物管理を取り巻く情勢と動向~廃棄物処理法と排出事業者責任~

Q01 廃棄物処理業者はプロだから法律を守って適正処理をしてくれるでしょ?
Q02 廃棄物の管理は管理会社に任せておけば安心でしょ? 等

第2章 廃棄物の定義・区分・管理~廃棄物・有価物・専ら物などの判断~

Q13 古紙、くず鉄、あきびん類、古繊維は「専ら物」だから廃棄物処理法は関係ないんでしょ?
Q14 廃棄物処理法には専ら物のような特例制度はほかにもあるの? 等

第3章 処理委託先の選定~コストに限らない多くの判断要素~

Q22 処理委託をする前に処理業者の信頼性を図るポイントは何?
Q23 処理業者の実地確認においてもっとも重要なチェックポイントは何? 等

第4章 実務で取り扱う書類~排出事業者責任を全うする書類作成~

Q28 委託契約書やマニフェストは処理業者が作成してもいいの?
Q29 委託契約書は一般的に出回っているひな形を使っていれば問題ないんでしょ? 等

第5章 行政に提出する書類~年度末に集中する行政報告を忘れずに!~

Q38 マニフェスト交付状況等報告書はどうやってつくればいいの?
Q39 マニフェスト交付状況等報告書の排出量が1,000t未満でしたが、多量排出事業者に該当するの? 等

第6章 番外編~異例の事態への対応や規制動向~

Q42 敷地内の土地に埋まっていた廃棄物を掘り起こしてしまったらどうしたらいい?
Q43 平成29年改正を経て廃棄物処理法は今後どのような方向に向かうの?