廃棄物一元管理システム

法に則した廃棄物管理を構築したいWASTE MANAGEMENT

UNIFIED WASTE MANAGEMENT廃棄物一元管理コンサルティング

自社の廃棄物管理が適正かどうか心配ではありませんか?

  • 担当者の経験や知識に左右される脆弱な状態を避けたい。
  • 属人的なバラバラな管理ではなく、システムで効率よくしたい。

PROBLEM自社内の管理のリスク

  • 属人的管理による入力・確認漏れ

    許可証の期限切れやマニフェストの返送確認をExcelで管理し、手間をかけるものの、確認漏れ等が生じやすくなります。

  • 担当者以外が対応することが困難

    個人の知識や経験により管理の適正レベルが左右され、次第に「あの人に聞かなければ分からない」という状態に…。
    また、廃棄物の種類や委託内容により注意事項が多く、教育や引継ぎに時間を費やすことになります。

  • 拠点や部署による管理レベルの差

    各工場や部署によって管理方法が異なることで、煩雑な状態になり、抜け漏れ等が発生しやすくなります。
    さらに、それらをデータとして収集するのは困難を極め、大きな業務負担となります。

自社の属人的な廃棄物管理に限界・不安を感じたら、
E-VALUEにご相談ください。

WASTE MANAGEMENT SYSTEMイーバリューの廃棄物一元管理システム

イーバリューがご提案する廃棄物一元管理システムは、
人の『記憶』・『知識』・『経験』に頼らず、適正な廃棄物管理が出来る仕組みです。
システム管理により、企業のコンプライアンスの維持と、担当者様の業務負荷軽減を実現します。

システム導入・運用をサポート廃棄物一元管理システム排出事業者様(本社/現場)法に則して情報を登録有価物 産業廃棄物 一般廃棄物マニフェスト 委託契約書(電子契約書※) 許可証※電子契約はオプションです処理会社自動提携
  • 01排出物の一元管理が可能

    全ての排出物(産業廃棄物、一般廃棄物、有価物)をシステムで一元管理できるため、本社管理部門の方針や基準に則して、効率よく管理が可能です。各拠点でバラバラだった管理方法を標準化できます。

  • 02法律やルールを逸脱できない仕組を構築

    システムにより法律やルールを逸脱できない仕組を構築できるので、属人的管理による不整合やミスを無くします。人の知識・経験や入れ替えに左右されない管理が実現され、コンプライアンスの強化を図れます。

  • 03各廃棄物情報を簡単に集計&編集

    システム管理により蓄積された各廃棄物情報は、簡単に集計&編集することができ、行政への報告書やCSR報告書等の作成の負担を軽減できます。

  • 04安心の導入サポート体制

    ITスキルを問わない画面と充実した導入サポートにより、スムーズな導入開始と運用が可能です。

CONSULTING SERVICEコンサルティングサービス

企業とその担当者に責任が問われる環境リスクを明らかにし、解決に導きます。