バックキャスティング思考と意識の統一【SDGs-5】

コラムCOLUMNS

  • SDGs

バックキャスティング思考と意識の統一【シリーズSDGs-5】

前回は、安易にSDGsへの取り組みを紹介することで、上辺だけの対応「SDGsウォッシュ」とみなされてしまうリスクを紹介しました。コラム「SDGsウォッシュのリスクとは?【シリーズSDGs-4】」参照
では、どうすればウォッシュと言われずに、真っ当なSDGs活動ができるのでしょうか?

2030を徹底的に意識すること

SDGsの取り組みを検討する場合には、SDGs自体が、2030年に向けた目標であることを徹底的に意識しましょう。
くどいくらいに「2030年に向けて…」と繰り返し問いかけるのです。

SDGsが描く2030年のビジョンに、自社がどうコミットしていくのか?を考えていきます。

世界中が17個もある、様々なゴールに向けて活動しています。
そして、2030年までという長期スパンで考えているわけですから、現状の観点だけではどうしてもSDGsの持つ規模感とのギャップが生じてしまうのです。

なので、必ず2030年のビジョンを持つことが第一です。

バックキャスティング思考が基本

2030年に、自分たちがどうありたいか?をまず考えるというのは「バックキャスティング思考」という考え方です。

バックキャスティングとは、まず目標となる地点を設定し、そこから逆算して何をすべきかを考える方法です。
反対に、現状から積み上げていく考え方は「フォアキャスティング」と呼ばれます。

SDGsでは「バックキャスティング」が基本です。
そもそも、17のゴールがバックキャスティング的に考えられていますよね。

そのため、企業個別の目標も「バックキャスティング」で考える必要があるのです。
「2030年までに〇〇を達成する」という目標は、現状とのギャップが大きくて当たり前なので、この時点でウォッシュと言われることはありません。

 

条件は「本気」であること

闇雲に2030年の目標を立てれば良いというものではありません。
バックキャスティング思考の絶対条件として「本気であること」が上げられます。バックキャスティング思考はその特性上、高い目標を設定することが基本です。
しかし、「高いだけ」の目標では意味がありません。

例えば、皆さんの周りにも「今年は〇〇するぞ!」とお正月に立てた目標が1ヵ月と保たない人はいませんか?
1年という個人としては長いスパンで、かつ高い目標を掲げたということは、一種のバックキャスティングであると思います。

しかし、高すぎる目標をすぐに投げ出すというのは、そもそも目標設定の時点で本気ではなかった…現実逃避的な設定だったのではないかと思います。企業のSDGs活動も同様で、大きな目標を掲げたところで、本気度が伴わなければ現状の取り組み姿勢とのギャップが生じ、やはりマイナス評価に繋がります。

ともすれば高い目標は「広告的に掲げているだけ…」とみなされてしまうかもしれませんね。やはり、大前提「本気の取り組み姿勢」が必要です。

しかし、これが一番難しいかもしれませんね。
経営層から社員一人一人まで、SDGsに照らした自社の目標、戦略を理解して、文字通り一丸となって取り組まなければなりません。
社内での意識を統一していくことが、何よりも重要ですが、それ故に難易度が高いのです。

裏を返せば、会社全体がSDGsの必要性を理解し、腹落ちした状態になれば、自然と成功に向かっていくのではないでしょうか?

Takeshi Sato 環境情報ソリューショングループ マネージャー

2030SDGsゲーム公認ファシリテーターとして活動。コンサルティング実績を積む傍ら、セミナーインストラクターとしても数々のセミナーを担当。オンラインセミナーの実施やeラーニングシステムを使った動画コンテンツの制作にも注力する。コンテンツの企画から講師までを一貫して手掛け、通年80回以上の講師実績を持つ。 また、イーバリューの法令判断担当として、クライアントの法解釈に関する質問や相談に対応。対応件数は年間約1,000件に上る。